不動産業界で働くには資格を取得することが大切ですが、業種によって様々な資格がありますので何を目指すのかを決めてから資格取得を目指すのが効果的です。不動産業界では物件を販売をする業種もあれば、物件を建築する業種もあります。
建築業界では建物だけではなく敷地内の外構を行う業種もあれば、宅地造成を専門に行う業種もありますので、どんな業種で働くかによって取得する資格も異なってくるのです。

物件の販売を行う業種では、難易度の高い順に不動産鑑定士土地家屋調査士宅地建物取引主任者の資格があります。不動産鑑定士は不動産の鑑定を行い適正な価値を決める業務を行います。鑑定業務は鑑定士の独占業務ですから、難易度が高い分、高収入が得られる難関資格となっています。土地家屋調査士は建物や土地の測量や調査を行い、登記を行うための専門家となります。土地家屋調査士になるには測量士と建築士の知識が必要になってきますので、広範囲な知識を必要とする資格と言えます。

宅地建物取引主任者は土地や建物の売買を公正に行うことを目的に創設された資格で、物件の売買では独占業務となっている点に特徴があります。建築に関する業種では、1級建築士や2級建築士などの建築設計を行う資格があります。一定規模以上の建物を設計する場合には、条件に該当する建築士資格を持っている必要がありますし、建築士資格がなければ設計を行うことができないようになっています。木造住宅の設計・施工管理では2級建築士資格が必要ですし、鉄筋コンクリート造のマンションや不特定多数が利用する大規模施設は1級建築士でなければ設計できないものです。

建築物には設計を行う資格と施工を行う資格がありますが、施工の専門家として建築施工管理技士の資格があります。設計に対して施工現場で必要な知識を持つ資格となりますので、施工業界で働くには必要となってくる資格になります。不動産業界では様々な業種がありますので、勤務する業種によって必要な資格が異なってきます。また、宅地建物取引主任者は物件の販売を行うことができますが、鑑定士の仕事は行えませんし、施工管理技士だけでは建築設計には携わることができませんので、一つの資格ででできることが限られてくるのです。

不動産鑑定士や土地家屋調査士、1級建築士は独立により高収入が得られる資格ですが、難易度の高い資格となりますので複数の資格を取得することが難しい資格でもあります。ですから不動産業界で活躍するには、業種にあった資格を習得することが大切なのです。

おすすめサイト

MDMによるスマートデバイスの安全管理
安全管理の面において、多岐に渡る機能があるから安心して利用できます

posシステムで開業を支援!
開業を支援するためのシステム導入を

オフィスデザインから見える社員の顔を
仕事のしやすい環境であればイキイキと

ユーザーに合わせられる賃貸管理ソフト
〈コンシスト〉にお任せ下さい

一戸建てって傷んでいても売却できる?
現況で買取り、不要な荷物を処分させていただいたケースも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です