SNSが目指す未来の形は

SNSが目指す未来は、現在行われている使い方から発展したものと考えられます。

近年では、高速なプロセッサや大容量メモリを搭載した省電力なコンパクト端末が多数登場しており、ブラウザやアプリを使う事によって、SNSにログインしてメッセージのやり取りなどを行っていく事が出来ます。

SNSは、既存のWeb技術を現代的に使えるように調整して開発されてきたサービスであり、電子メールと比較しても、人々に受け入れられやすい土壌が出来ています。

ウェアラブルウォッチが一時期注目されました。

スマートフォンやタブレット端末の子機のような存在であり、電子メールを確認したり、簡単なアプリを動作させたりといった事が可能ですが、SNSでのやり取りはまだ出来ません。

その為、将来的にはウェアラブルウォッチやウェアラブルグラスのようなウェアラブルコンピューターでもメッセージのやり取りがしやすい形になったサービスが展開される可能性は高いです。

そのようになれば、より身近にソーシャルネットワークによるコミュニケーションを図っていく事が出来るようになります。

ソーシャルネットワークサービスを運営している企業では、人工知能の基礎的なアルゴリズムである機械学習を活用し始めています。

人工知能とソーシャルネットワークサービスが連携する事によって、人工知能が人間と同じようにメッセージを送ったり、解釈したりするといったボットも登場しています。

現在では、情報を共有するシステムとしても活用されており、防災や口コミなどのシーンで利用されています。

ロボットやIoT技術とSNSが連携すれば、現場の状態をより広く知らせる事が出来るでしょう。

電子商取引の世界では、SNSを使って新着情報を顧客に提供しています。

これによって、新しい商品やサービスの情報を知りたい人々にいち早く情報を伝える事が可能であり、機械学習を使って、ユーザーの閲覧履歴からおすすめ商品を提案するといった仕組みも使われています。