不動産の設計などを依頼しようと工務店を探していると、専門家である建築士には、一級建築士と二級建築士というのがある事に気が付きます。
一般的に考えると、二級よりも一級の方が優れていると考えがちですが、ここではそれは当てはまりません。この建築士の名称の違いは、扱える不動産の規模の範囲に基づいているのです。
一般的な木造住宅について考えると、二級の資格でも十分対応できます。そこで、一般の住宅を対象として仕事をする限りでは、一級の資格を取る必要は必ずしもないのです。実際、試験を受けたり実務経験を要するなど、一級の資格を取得することは楽ではありません。
しかし、建築の専門家ではない人からみると、やはり二級よりも一級の方が優れていると考えてしまうのは無理のないことです。
そこで、一定の地域に定着して仕事を行う分には、二級の資格で十分であっても、新規に仕事の範囲を広げることを考える上では、一級の資格取得を検討する事が大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です