新しく住宅を建築するときには、間取りや設備など、住み易さや好みに応じて、いろいろ考えるものです。
住宅を新築するというと、その主体は現役世代となるので、自然と、不動産に対する要望も、現役世代としての、元気な家族を想定する事になります。
しかし、平均年齢が伸びてくると、いずれは同じ不動産で、高齢期を迎える可能性も高まってきます。そのようなときの住宅のあり方を考える上で、福祉住環境コーディネーターに意見を求めることは有効です。
現役世代からだと、高齢世代にとって優しい住環境というものを想定する事が難しいからです。このように、住宅新築の主体となる世代と、いずれ訪れる高齢世代との現実的なギャップがあるところに、このようなコーディネーターの需要が生まれるのです。
新築時に限らず、リフォームを行うときにも、具体的な福祉住環境のあり方についての意見は参考になるので、これから需要がどんどん伸びていくものと考えられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です