土地家屋調査士は、土地や建物などの不動産の登記を行うために建物や土地の調査と測量を行うことが主な仕事内容となります。資格を取得するには国家試験に合格する必要がありますが、難易度が高くなっているため簡単に取得することはできないといえます。

難易度が高い分、取得してからは独立して事務所を構えることが可能ですし高収入が得られるという特徴があります。試験の内容は広範囲にわたっており、不動産登記に関する知識の他にも民法に関する知識も必要ですし、測量士と建築士の知識も必要になってくるため、測量士や建築士を取得してから受験する人が多くなります。

建築士と測量士があれば試験の一部が免除されますので、調査士を目指すには建築士と測量士の資格を先に取得しておいたほうが合格する可能性が高くなります。難易度の高い試験ですが、受験に関する制限はありませんので誰でも受験することが可能となっています。

筆記試験は午前と午後の二部制になっていますが、建築士と測量士を取得していれば午前の部が免除になりますので、取得してから受験したほうが楽に試験を受けることができるのです。筆記試験の合格者は20分程度の口述試験を受けることになりますが、口述試験に合格してはじめて資格が付与されることになります。試験の合格率は例年10%を下回っていますので、非常に難易度の高い試験となりますが、筆記試験を合格すると口述試験ではほとんどの人が合格するのが普通です。

不動産に関する知識では、不動産登記の申請手続きや、不動産登記の審査請求手続きに関する知識が必要とされます。試験に合格するには不動産登記に関する知識だけでははなく、測量や建築の知識も必要になってくることから、効率よく勉強をしていくにはスクールや通信講座を活用することがポイントになってきます。

土地家屋調査士試験に合格するには筆記試験の攻略が鍵を握ってきますので、試験免除となる建築士と測量士資格を持っていれば合格の可能性が高くなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です