SNSが目指す未来

SNSが普及して時間が経ちましたが、現在では人々のコミュニケーションツールとして浸透しており、災害時にも役立てるといった事がされています。

SNSが目指す未来としては、様々な方向が考えられます。

現在の形を維持し続ける事、よりチャットの形式に近くなっていく事、仮想現実や拡張現実と連携して、仮想空間の中でアバターを使ったコミュニケーションの復活、無料通話アプリのメッセージ機能がより直感的に活用出来るようになる事などが考えられます。

SNSは、国内だけでなく、世界とコミュニケーションを取りやすくなりました。

これは、国際電話の場合、電話代が高くなってしまうのに対して、ネットメディアはインターネットさえ接続していれば、いつでもどこでもメッセージを送る事が出来ます。

近年では、パソコンだけでなく、スマートフォンなどのモバイル端末を使ってメッセージを送る事が出来ますので、常に家族や友人などとコミュニケーションが取りやすい環境が整っています。

ウェアラブルコンピューターの開発が進んできていますので、将来的にはSNSはウェアラブルコンピューターを使ってメッセージを送り合う為のツールとして活躍していくでしょう。

音声検索という機能がありますが、これを使ってメッセージを作成して送受信をするといった事も考えられるでしょう。

電話とはまた違った形での使い方が出来ます。

端末の省電力化とコンパクト化によって、コミュニケーションの形は変わってきます。