SNSとソーシャル離れについて

SNSは、共通の趣味などを通じて、インターネットを使って人々と交流をする為のオンラインサービスです。

実名制の物からマイクロブログや共有サイトまで様々な形態がありますので、必要に応じて色々な方法を取り入れています。

スマートフォンでもアプリやブラウザを使ってサービスにアクセスする事ができ、いつでも記事を投稿したり、意見を公開したりといった事が出来ます。

しかし、近年、ソーシャル離れが徐々に起こってきています。

その理由は、サービスが登場した時の目新しさが無くなってきた事、常にやり取りをするケースがある為にネットや実生活でもユーザーが精神的に疲れやすくなってきた事などがあります。

また、ユーザーが不用意な発言をする事によって、数多くの批判コメントが殺到する炎上という現象が起こる事でユーザーが減っていくといった事も考えられます。

一方で、SNSは企業内でも活用されていますので、従業員同士が通話やメールだけで伝える事が出来なかった内容を共有する手段として有用に使われているケースもあります。

企業の販促活動の場としても使われるケースが多く、SNSにはアプリやアドオンと呼ばれる形で企業が用意したコンテンツを使う事が出来る仕組みも用意されています。

ソーシャル離れは、消費者の方に多く見られますが、企業としてはマイクロブログやSNSは新着情報を伝える手段としてまだまだ使われており、集客力を向上させる手段としてこれからも使われていくでしょう。