プライバシーを守る自己責任とは

ソーシャルネットワークサービス、SNSは近年大きく普及し、スマートフォンやパソコンを使っている人なら何らかのソーシャルネットワークサービスに参加しているものです。

普通であれば出会う事のできない人と出会い、お友達になり、様々な話題を共有する事ができるSNSですが、注意も必要です。

ソーシャルネットワークサービスの多くは、プロフィールを入力するものが多くあります。

その中には氏名や住所、電話番号やEメールアドレス、住所などを入力するものがあります。

それらソーシャルネットワークサービスの個人情報の取り扱いについて、日本の現行法である「個人情報保護法」に従い、そのサイト内できちんと個人情報の保護についてどのように記載され、どのように管理されるかのプライバシーポリシーが十分確認できないまま、ユーザー登録ができてしまうものがほとんどです。

それらの個人情報についてはすべてあくまで自己責任の範囲ですので、必ずしも正確に記載する必要はなく、安全にSNSを使う為にも、個人情報は気を付けましょう。